ヨガコーチとは?

ヨガコーチとは?

ヨガコーチとは、ただ単にヨガのポーズを教えるのではなく、ヨガを通して、生徒さんのやる気を引き出したり、潜在的な能力を引き出してあげる存在であることを大切にしていきます。恋愛、子育て、家庭、スポーツ、アート、ビジネスなど全人生的なウェルネスを実現する為のガイドを務めるという役割のことです。 

 

 

ヨガコーチとヨガインストラクターの違いについて

ヨガインストラクターと聞くとどんなイメージがありますか?

 

ヨガを教える人のこと?

ヨガのことを良く知っている人?

 

ヨガは相手への施術ではなく、呼吸法やポーズの指導が基本となり、ヨガの指導ができ実際にヨガを実践していなくてはなりません。また、指導するための理論や歴史やレッスンの一連の流れを組立てられ、その指導方法も身についていなければなりません。

では、ヨガコーチはどうでしょう?

まずは以下の図を見てください。

コーチングとはどういうことか?ということを5つのレベルに分かり易くしたものです。

 

 

【コーチングの5つのレベル】

レベル1 ガイディング(案内係)

…必要な場所まで連れて行ってくれる人

 


レベル2 狭義のコーチング(質問役・傾聴役)

…聞いてあげること、質問役

 

レベル3 ティーチング(教師・講師)

…必要な学びを提供する人

 

レベル4 メンタリング(精神支援者・精神指導者)

…やる気や意欲をケアしてあげられる人

 

レベル5 スポンサリング(後見人・保証人)

…存在を認めてあげれる人

 

 

ヨガインストラクターは上記レベル1のガイディング役といえます。

 

つまりヨガを出来るところはここですよ。


私のスタジオに来ればヨガができますよ、と広告や宣伝等から情報を発信して教えてくれる人のこと。

ヨガを習いたいという人をヨガが出来る所まで連れて行ってくれる人のことです。

 

そして、もう一つがティーチングです。

 

ヨガを学びたい人の為にヨガの実技や知識を教えそれらを提供する。

 

これら二つのレベルが揃いヨガインストラクターと呼んでいますし、実際に他のスクールでヨガインストラクターを育成されている所でもガイディングとティーチングは出来るようになると思います。

 

しかし、生徒様がヨガに求めるものは本当にそれだけでしょうか?

 

もっと人生を良くしたい。

 

今の自分より輝きたいと思って、ヨガという新なことにチャレンジし、

心も体も活き活きとした人生を送りたい。

 

そう思いませんか?

 

リビングヨガコーチでは以上にあげている5つのレベルを全て含んだ内容で体系的に学んで頂きます。

 

この5つのレベルを習得して頂くにはそれなりの練習量も必要になってきます。

 

家族やご友人。

 

大好きな誰かのお役に立ちたいという思いをカタチにしていくことがこのリビン

グヨガトレーナーズトレーニングで学ぶことによって可能なのです。

 

もちろん、5つのレベルを完全習得されるには日々自分自身が実践し、練習を重ねていく必要があります。

 

しかし、その先に広がる無限の可能性に目を向け方向を定めていくには実践が必要なのです。

 

生徒様とちゃんと関わっていくこと」

 

「未来へ目を向ける為のリビングヨガ」を共に伝えていきたい。

 

周りの誰かを幸せな方向へと導いていくことをやりたい。

 

リビングヨガトレーナーズトレーニングこれからの人生をもっと自由に、そして笑顔で心から愉しむ今ここからの人生を始めるお役にたてるのではないでしょうか?